HOME » 種類別おすすめノンバンク系ビジネスローン比較

種類別おすすめノンバンク系ビジネスローン比較

このカテゴリーでは、ビジネスローンを主な種類ごとに分け、それぞれの概要や特色などを比較検証していきたいと思います。

ビジネスローンを種類ごとに、比較検証

そもそも、ひと口にノンバンクが提供するビジネスローンと言っても、いくつかの種類があり、それぞれに特性や長所・短所があります。当たり前のことではありますが、これらを利用しようとする場合は、そうした違いをキチンと理解した上で、最適なものはどれなのかという観点で判断することが賢明です。まずは、それぞれの概要から、ご覧ください。

即日融資

不測の事態などで資金が入用になった場合、銀行や信用金庫などの金融機関では即日融資は期待できないのが現実。その点、ノンバンクであれば、スピーディな審査によって即日融資を可能にできるプランを取り揃えているのが、大きな魅力と言えます。本サイトのおすすめは、A-PROの手形貸付、龍実商事の手形割引、アクレスのファクタリング、アイフルの無担保ローンです。[即日融資の詳細はこちら]

無担保ローン

その名の通り、担保なしで借り入れができるローンのことです。担保ありのローンに比べて限度額は低く金利は高いですが、審査のハードルは低く、緊急時に利用しやすいのが大きな利点です。本サイトのおすすめはエス・ジー・ファイナンス、アイフル、アップスです。[無担保ローンの詳細はこちら]

手形貸付

簡単に言えば、手形の現金化の期日前にノンバンクに振り出し、一種の担保として額面の金額から利息を差し引いた分を融資としてもらう方法です。手続きが簡単に行え審査のハードルも低いのが大きなメリットです。本サイトのおすすめはA-PRO、アクトウィル、ジャパン・ファイナンシャル・ソリューションズの3社です。[手形貸付の詳細はこちら]

手形割引

手形貸付が手形を担保に見立てた融資なのに対し、こちらは利息分や手数料を差し引いた上で、ノンバンクに買い取ってもらう方式と言えば分かりやすいかと思います。本サイトのおすすめは龍実商事、東信商事、日証の3社です。[手形割引の詳細はこちら]

不動産担保ローン 

無担保ローンとは逆に、自宅などの不動産物件を担保とするローンです。審査には時間がかかるものの、限度額は高く、長期借り入れができ、金利も比較的低くなるメリットがあります。本サイトのおすすめはジェイ・エフ・シー、アサックス、アビックになります。[不動産ローンの詳細はこちら]

ファクタリング

手形割引が手形なのに対し、こちらは売掛債権をノンバンクに買い取ってもらう方式になります。手形割引と同じく、黒字なのに現金が入ってこない状態を解消する方法と言えます。本サイトのおすすめはアクレス、ビートレーディング、クレイリッシュの3社です。[ファクタリングの詳細はこちら]

銀行とノンバンクのビジネスローン!審査、融資スピード、金利を徹底比較

銀行とノンバンクの融資上限金額比較表

まずは、銀行ローンの金利と融資上限金額です。

銀行・商品名等 年利 融資上限金額
【無担保】三井住友銀行 ビジネスセレクトローン 2.125%~ 変動金利時 1億円
【無担保】三菱東京UFJ銀行 メンバーズビジネスローン「融活力」 2.1%~9.0% 変動金利 5,000万円
【不動産担保】関西アーバン銀行 アーバンフリーローン 2.90~9.80%※ 5,000万円※
【不動産担保】三井住友トラスト・ローン&ファイナンス ビジネスコース 3.9%~7.4% 変動金利型 10億円

銀行は変動金利を採用しているケースが多いようですが、固定金利の選択ができることもあります。

※アーバンフリーローンの最低利率は変動金利時の、最高利率は固定金利時のものです。また、事業性資金の上限は3000万円です。

続いて、ノンバンクの金利と上限金額です。

ノンバンク・商品名等 年利 融資上限金額
【無担保】A-pro 証書貸付 6.8%~18.0% 300万円
【無担保】エス・ジー・ファイナンス ビジネスローン 6.8~12.65% 5,000万円
【無担保】アイフル 事業サポートプラン(無担保ローン) 6.0%~18.0% 500万円
【不動産担保】ジェイ・エフ・シー 不動産担保ローン 5.86~15.0% 5億円
【不動産担保】アサックス 不動産担保ローン 2.98~7.80% 10億円

こうしてみると、銀行における貸出利率は無担保と不動産担保とで極端に変わるとも限らないようです。しかし、ノンバンクでは無担保よりも不動産担保のほうがかなり低い金利で利用できるといえます。

さらに、億単位の融資といえば銀行のイメージがありますが、ノンバンクでも担保次第では銀行とそう変わらない高額の融資が見込めます。

銀行とノンバンクでは審査と融資実行までの時間で差がつく

最低利率と最高利率では差のある銀行とノンバンクですが、中間の利率が適用されるなら、どちらが上でどちらが下とは言い切れません。会社ごと、案件ごとに異なる話になるでしょう。

しかし、審査内容と融資が実行されるまでの時間では差がつきます。

銀行・ノンバンクの資金調達にかかるスピードをまとめ、比較しました。

まずは銀行のスピードです。

銀行・商品名等 申込みから実行まで
【無担保】三井住友銀行 ビジネスセレクトローン 概ね1ヶ月は見ておきたい
【無担保】三菱東京UFJ銀行 メンバーズビジネスローン「融活力」 概ね1ヶ月半は見ておきたい
【無担保】トマト銀行 ビジネスクイック500 概ね1週間は見ておきたい (少額・個人事業主向で速め)
【不動産担保】関西アーバン銀行 アーバンフリーローン 回答まで最短で2~3営業日 契約はその後

そして、以下がノンバンクです。

ノンバンク・商品名等 申込みから実行まで
【無担保】A-pro 証書貸付 最短で即日融資時
【不動産担保】アサックス 不動産担保ローン 最短3日で融資
【手形割引】龍実商事 手形割引 即日現金化に対応

一般に、銀行の審査は厳格なものとされています。最低限必要な書類についてはノンバンクと大体同じですが、追加で必要な書類や、調査の内容が異なるといわれています。

銀行では、融資の決済までに複数のチェックポイントを通過する必要があります。信用保証協会を使っていれば、さらに審査時間が必要です。

このように通過すべきポイントが多いため、銀行の即日融資や数日融資は難しくなるのです。

多くのノンバンクでは、即日が無理な場合でもスピードを重視しているようです。

銀行の審査に自信があるユーザーの場合、金利面で少しでも有利となる銀行のビジネスローンを利用した方がお得になる可能性があります。

一方、銀行の審査に不安があるユーザーや、即日または数日以内に資金を必要とするユーザーはノンバンクが向いているといえるでしょう。

耳より情報! 当座預金口座開設のススメ

管理人

管理人プロフィール
profile

40代で運送会社を設立してから、はや10年。何とかやっていますが、資金調達には苦労ばかり。
同じ境遇の方に少しでも役立っていただければと思いサイトを立ち上げました。

ノンバンク系
ビジネスローン比較
頼れるノンバンクリスト
ビジネスローンの種類
全容解説!
ビジネスローンとは
ビジネスローンの
事業資金融資事例集
事業の資金繰りに
関する基礎知識

サイトマップ