HOME » 種類別おすすめノンバンク系ビジネスローン比較 » ファクタリングのおすすめノンバンク3選

ファクタリングのおすすめノンバンク3選

ここでは、ファクタリングに対応しているノンバンクの中から、本サイトがおすすめできる3業者をピックアップし、それぞれの特徴をご紹介していきたいと思います。

ファクタリングに対応のノンバンク、本サイトおすすめは…

ファクタリングとは、簡単に言えば、商品なりサービスなりを提供し終わっているが、その代金の支払いは数ヶ月先といった状態になっている売掛金や受取手形といった売掛債権を、その支払い期日前に、現金化するという仕組みのこと。手形割引とほぼ同じく、売上を上げているのに現金が入ってこない状態を解消するための方法となります。

大きなメリットとしては、何といっても、キャッシュフローの正常化が図れる点。帳簿上は黒字でも、実際の入金はまだ先で、運転資金が確保できずビジネスが停滞してしまうといった事態になったとしても、ファクタリングであれば、新たに借金をすることなく、現金を調達することができます。また、ファクタリングを利用したとしても、メインバンクや他の借入先に知られることはなく、信用情報への影響もありません。難点としては、ファクタリング会社への手数料や割引料を支払う必要があり、売掛金の100%を入手できない点でしょうか。

では、本サイトがおすすめするファクタリング対応のノンバンクについて見ていきましょう。

アクレス
買取額上限 売掛金買取1件あたり、最大500万円
買取割合 2社間取引の場合:70%~90% 3社間取引の場合・・・91%~99%

参照元:http://acress-factor.com/

龍実商事のファクタリング

龍実商事のファクタリングは、買取上限額が決まっており、1件あたりで最大500万円ほどとなっています。一見他社と比べて少ないように思えますが、そんなことはないです。下限額が記載されてないので、それほど安く書いたたたかれるわけではありません。そして、500万円も上限があるので十分と言えます。これは1件あたりなので、何枚も売ればいいわけですから悪くはないです。買取割合で言うと70%~90%ほどと他社と比べても良心的です。これは2社間取引といってお客さんとこちらの龍実商事とのやりとりとなります。また、3社間取引というのもあって、これはお客さんと、龍実商事と、売掛先の間でやりとりすることになります。これは間に取引先が入るので91%~99%となります。

 ファクタリングを専門とするノンバンクであり、売掛先(取引先)に資金繰りを知られたくない場合の2 社間ファクタリングと、売掛先(取引先)も交えておこなう3社間取引の双方に対応。また関東圏であれば即日現金化が可能、その他のエリアでも3営業日程度で資金提供ができるとしています。

アクレスの公式サイトを見る

ビートレーディング
買取額上限 売掛先1社につき10万~2,000万円、総取扱金額は5億円まで
買取割合 80~90%

参照元:http://betrading.jp/factoring.html

ビートレーディングのファクタリング

ビートレーディングのファクタリングは、買取上限額で言うと、売掛先1社につき10万~2,000万円と高額な取引も可能となります。また、何枚もファクタリングを行うことが可能で、なんと総取扱金額は5億円までとかなり太っ腹な会社です。多くファクタリングをしたい大企業などはいいかもしれませんね。買取割合に関しても、80~90%と他社と比べても高い割合です。注目すべきは最低の割合で80%なので、安く買取が行われる心配はありません。先ほど述べたように2社間取引だと80%となり、3社間取引だと90%近くなります。これは間に売掛先が入ることにより、不正はできませんし、信頼感が増すという要因もあり、買取率が高くなります。

ファクタリングはもちろん、資金調達サービスや経営コンサルタントの紹介など、中小企業の経営をサポートしてくれる専門業者という趣になります。ホームページ上では、過去の事例なども豊富に紹介。最短即日対応も可能。平日遅めの相談でも翌営業日の午前中に対応など、スピーディさもこだわりとしているとのこと。

ビートレーディングの公式サイトを見る

クレイリッシュ
買取額上限 100 万円~5,000万円まで
買取割合 97.2~99%

参照元:http://901901.jp/factoring/

クレイリッシュのファクタリング

クレイリッシュのファクタリングは、買取額上限に関して言うと、100 万円~5,000万円までと比較的高額な取引が可能となっています。しかしながら下限は100万円と金額に幅もあります。他社も当然そうですが、売掛先の信用によりお引受けできない場合があるというのも注意が必要です。買取割合に関しては、97.2~99%他社と比べて圧倒的に割合が高いのが特徴で、非常にお得にコストがかからず便利です。法人又は個人事業主が対象となり、その規模や売り上げ実績など最近のものも参照されて審査されます。買取不可という場合がネックとなるのですが、逆に言うと審査を通れば費用も安く済むので、大変お得です。まずは審査を通るかどうかが山場なので挑戦してみてはどうでしょうか。

ファクタリングをはじめ、手形割引、無担保ローン、不動産担保ローンなどを幅広くカバーするノンバンクになります。手数料は低く抑えられているものの、売掛先の信用によっては不可となる場合もあることを明言しています。対応エリアは関東全域および福島県となっています。

クレイリッシュの公式サイトを見る

ファクタリングのおすすめ会社をチェック

ファクタリング会社といっても数多く存在し、当然会社によっても取引上限額や入金スピードも異なります。次のファクタリング会社をまとめているだけでなく各社のスペックの紹介もしているのでファクタリングを検討している方はぜひチェックしてみてください。

迅速対応が可能なファクタリング会社一覧(保存版)

あらためて、ファクタリングとは

ファクタリングの仕組みの画像

ファクタリングは、取引先の売掛金や受取手形といった売掛債権を期日前に現金化する仕組みのことです。また、そうした業務に特化したファクタリング会社というものが存在します。商品を売り上げて納品した後も、実際に現金を手にするのは数か月先になることがあります。これがキャッシュフローの悪化にもなり、次の取引の仕入代金に事欠くような事態も起こりかねません。そんな時、ファクタリングを利用すれば入金のタイミングが遅くともビジネスが回るようになり、無理に借金をする必要もないのです。ただし、ファクタリング会社に売掛債権を買い取ってもらうには、ファクタリング手数料や割引料を払う必要があります。ファクタリング会社への手数料や割引料は、早期に現金化するための利息ともいえるでしょう。

ファクタリングと銀行融資の違い

前提として、ファクタリングと銀行融資はそもそもが違うということを頭に入れておいてください。単純に手数料が安いとか高いとかという、目先の利益のことしか捉えていないと後で痛い目にあうこともあるので、しっかり学習しておきましょう。銀行融資は、借金と同じように、借入という形で、自分の資産でない他人の資産を借りることになります。当然、人のお金なので、見ず知らずの人に貸すには利子や担保などが必要となります。しかしながら、ファクタリングはもともと自分が持っている資産を売るということなので、金利ではなく手数料という形になります。返済義務もないので、年々借金が膨らむということもなく、一度やり取りをする際にかかる手数料なので、それ以降は費用の心配はありません。

ファクタリングとビジネスローンの違い

ビジネスローンも銀行融資と同じく、借金という形で他人の資産を借入する行為になります。なので、ファクタリングとはそもそもが違うタイプのものです。銀行融資との違いというと、審査が通りやすいという点と、手数料が割高になるという点です。ファクタリングとビジネスローンの共通点は、同じく審査が通りやすく、手数料も多少割高になります。これは銀行融資と比較してのことですが、ビジネスローンとファクタリングを比べると、ファクタリングの方が利点が多く、さらに審査に通りやすく、手数料もビジネスローンと比べると安めです。自分の資産を売るので、たとえ負債や借金を抱えていても関係なく、売ることができるので、メリットも多いです。

ファクタリングサービスの選び方!銀行系とノンバンク系4つの違いを紹介

銀行系のファクタリングには、ノンバンクが行うファクタリングと異なる特長があります。

銀行系で実現する「保証ファクタリング」サービス

ファクタリングのメリットは、資金がショートしそうなときなどに支払期日が来ていない売掛債権を早期に現金化できることは前出の通りです。これは、買取ファクタリングの得意分野といえます。そのため、ノンバンク系といえば、買取ファクタリングのサービスが前面に出ているはずです。ところが、銀行系の場合、金融機関としての幅広いサービスの一環として、買取ファクタリング以外のファクタリングサービスを行うことがあります。

そのファクタリングサービスのひとつが、「保証ファクタリング」です。それは、売掛債権が支払企業の倒産などによって回収不能となるリスクを回避するためのものです。

売掛債権を持つ企業は、保証ファクタリング会社に保証契約を申し込みます。保証ファクタリング会社は、支払企業の信用調査を行ったうえで保証の可否と、保証額を決定します。これによって、仮に支払企業が倒産したとしても、保証額の分だけは回収することができるというわけです。

さらなる安心のために銀行系の「根保証ファクタリング」

保証ファクタリングの保証対象を現在持っている売掛債権だけでなく、将来発生する売掛債権にまで拡大したものが「根保証ファクタリング」です。支払企業の信用度合いに応じて最大保証額を決定するため、その範囲内でファクタリングを活用することができます。

代金回収業務の効率化に役立つ銀行系ファクタリング

銀行系のファクタリングサービスには、売掛債権の保全に加えて管理業務の効率化を図るための要素があります。

保証ファクタリングを利用することで、取引先である支払企業の与信管理についてのサポートも受けることができます。これによって、自由度の高い事業活動を行えることもメリットのひとつとなっています。

銀行系ファクタリングでは印紙税などの経費を削減できる

「一括ファクタリング」「手形削減ファクタリング」などのシステムを利用することで、印紙税の削減や手形管理の問題を解決することができます。これらのシステムは、支払企業が納入企業に対して手形を振り出す代わりに、納入企業が銀行系ファクタリング会社に債権譲渡するというものです。

ファクタリング選びは「リスク回避の銀行系」か「付加価値とスピード重視のノンバンク系」の選択

ノンバンク系と異なる銀行系ファクタリングのポイントを確認しましたが、どちらのファクタリングを選ぶかは、求める効果の違いで決まります。

ファクタリングのメリット

資金を即日調達可能

ファクタリングの大きなメリットであるのは、審査が短いということがあります。それにより資金は早く手に入るので、早く資金が必要という人にとっては大変お得な制度です。最短では即日審査、即日買取となるので、その日に現金が手に入ることも可能です。銀行審査などは何週間もかかってしまうこともあります。ただし、金利が低いというメリットもあるので、時間を取るか金額を少しでも多くしたいかという違いはあります。

柔軟な審査基準

イメージではファクタリングは審査が厳しそうというという印象を持っている人も多いかもしれませんが、その逆で審査が甘いというメリットがあります。そもそもファクタリングはもともとある資産を売ることになるので、借金という形ではないので、買取側としてもリスクが少なくて済むので、交渉は成立しやすいというのがあります。あとは買取率を見てみて、即現金がをするのが良いかどうかを検討してみる必要があります。

保証人・担保不要

借金や融資を受ける際にデメリットとなってしまうのは、保証人や担保がかかるので簡単に借りられないことです。自分だけならまだしも他の人に迷惑はかけたくないものです。しかしながら、貸す側も簡単に貸すことはできないので、足かせとしてそう言った保証人や担保が必要となります。ファクタリングは車や本を売る感覚なので、簡単に現金を手に入れられます。誰にも迷惑はかけないので、あとは自分がどう考えるかですね。

回収義務が無い

売掛先が万が一倒産や夜逃げなどをしても、売ってしまえば負債を背負うこともありせん。売り逃げではないですけど、一度売ってしまえば、リスクは自分の手から離れることになります。買取側としては、そう言ったリスクも含めて買取率を設けて取引をします。審査が長くて慎重になりそうなものですが、それはプロです。あなたが売るものは情報がすべてお見通しなので、信用度などが一瞬でわかってしまいますので、変なものを売ってもバレてしまいます。

信用情報へ影響しない

融資や借金の場合だと、会社が負債を抱えているというマイナスイメージを追ってしまうことになりますが、ファクタリングの場合はその心配がありません。なぜかというと、そもそも負債や借金でないので、もともとある資産を売るだけなので、借金にはなるはずもありません。なので、決算で赤字になったり、株価にも影響はありません。信用は保たれるので、取引も渋られることなのでありませんし、イメージなどを傷つけることがありません。

秘密裏に資金調達可能

ファクタリングには2社間取引と3社間取引があり、ファクタリング会社と本人が2社間取引になります。これに売掛先が入ると3社間取引になるのですが、売掛先が入ると買取率は高くなるメリットがある一方、情報がバレてしまうので秘密に進めることができません。しかしながら、2社間取引であれば売掛先に通知もされないので、極秘で進めることが可能です。

ファクタリングのデメリット

手数料が掛かる

ファクタリングを使うメリットとして、即現金化でスピードが速いのが特徴です。しかしながら、デメリットとして手数料がかかるので、実際に何割かは損をしてしまいます。銀行では審査に時間がかかる分、手数料が少ないというメリットがあります。なので、時間を優先して現金を手に入れるのを優先すればファクタリングが賢い選択です。時間がかかってもいいので、コストを減らしたいという人は銀行などが向いているのかもしれません。

債権譲渡登記が必要な場合も

売掛先の企業に知られないですむ2社間取引は極秘に進めることができます。しかしながら、大金を扱うケースやファクタリング会社によっては、債権譲渡登記を求められるケースがあります。これをすることで、情報が開示されるので、誰でもアクセス可能となり、イメージが悪くなります。大金を扱うので買取側としては慎重にいかないと、万が一破産などをしたら水の泡ですから、これも仕方がないことかもしれません。また、登記には手数料も別途かかります。

比較項目 銀行系 ノンバンク系
主なサービス 買取ファクタリング・保証ファクタリング・手形削減ファクタリング 買取ファクタリングがメイン
買取対象 社毎に設定された買取限度額の範囲内で反復できる 1保有する個別の売掛債権がメイン
買取即時対応 個別の売掛債権よりも支払企業毎の対応がメインのため単発の即時対応は難しい 即日~3日程度のスピード対応を重視している

このように、銀行系とノンバンクでは同じファクタリングでも考え方が異なることがわかります。継続的に売掛金の管理や経費の削減を期待しながら、必要に応じて現金化したいユーザーや、回収不能リスクを避けたいユーザーには銀行系が向いているでしょう。

しかし、ファクタリングに付随する特別な機能・効果を求めていないユーザーや、とにかくいざというときに売掛金を素早く現金化したいユーザーには、買取スピードに自信があるノンバンク系のファクタリングが向いているといえるでしょう。

ファクタリングが向いているのはどんなケース?

ファクタリングの利用には以下の3つのような場面が適しています。

売掛債権の相手の支払サイトが長い

取引先としては有り難い存在でも、請求してから入金されるまでの支払サイトが長い相手の場合、売上が見えているのに現金が入ってこない状態が続いてしまいます。こうした取引の割合が多い場合、決算としては黒字でも運転資金が回らなくなることがあり、早期の現金化手段であるファクタリングが有効です。

借入はしたくない、または融資枠に余裕がない

中小企業だと資金調達するにもあまり選択肢が多くないのが一般的。銀行から低金利の融資を受けるのは難しく、ノンバンク系の高金利で借入するのもかえって負担を増すリスクがあります。その点、ファクタリングは借金ではなく、将来的な入金分からマージンを引いて現金化する方法。売掛債権さえあれば、無理なく現金を調達することができます。

メインバンクなど社外に知られずに現金調達したい

ファクタリングを利用したからといって、それがメインバンクや第三者に知られることはありません。新たな融資を受けると信用情報で他の借入先にわかってしまいますが、ファクタリングならその心配がないのです。

ビジネスローンとは違うファクタリングの仕組みを紹介

ファクタリングには2社間取引と3社間取引があります。両者の最大の違いは「売掛金回収先企業にファクタリング会社を利用していることがわかってしまうかどうか」かです。ファクタリングは、売掛金の現金化だけではなく、診療報酬やクレジットカードでの売上も現金化できます。それぞれの会社の悩みに合わせて取引を選ぶことが可能です。

利用者が取引先から集金して支払う「2社間ファクタリング」

2社間ファクタリングは、取引先から直接ファクタリング会社に売掛金を支払うのではなく、利用者が取引先から集金してファクタリング会社に支払います。

利用者は、2社間ファクタリング契約をすることで、売掛金の期日よりも早くお金をファクタリング会社からもらうことができます。

つまり、売掛金回収先の企業にファクタリングをしていることを知られたくない場合にこのファクタリングが使えます。2社間取引にすることで、信用を損なうことなくファクタリングができます。

ファクタリング会社からは、決して売掛金回収先である取引先企業へ連絡することはありません。

また、債権譲渡の承諾が得られなかった場合もこの方法が有効です。ファクタリングをしたいけれども応じてもらえない、取引先の信用を大事にしたいといった悩みを解決してくれる取引です。

担保や保証人が必要のない2社間取引もあり、この場合は早く資金化の目処がたちます。債権譲渡を待っている時間さえもない利用者には最適です。

2社間ファクタリングのメリットとデメリット

2社間ファクタリングのメリットは、売掛先へ知られることなく売りに出すことができるので、会社のイメージも悪くなることがなく、極秘に進めることができるので、後ろめたい気持ちなども気にせずに取引をすることができます。3社間ファクタリングよりも審査も早く進めることができるので、最短で即日現金化なんてことも可能となります。顧客とファクタリング会社で行うのでスムーズになります。

2社間ファクタリングのデメリットとしては、3社間ファクタリングよりも手数料が高くなるということがあります。間に売掛先が入ると信頼感が増すので、リスクとしての手数料もファクタリング会社がかけることもないのですが、これが2社間ファクタリングとなると、間に売掛先がないので、危険なリスクもファクラリング会社にかかるので、その分が手数料としてかかってしまいます。どちらを優先として、取引を行うかで売掛先を交えるか、交ないかという選択になってくるでしょう。

取引先がファクタリング会社に支払う「3社間ファクタリング」

3社間ファクタリングは、売掛金の回収をファクタリング会社がします。ファクタリングをすると売掛金の額をすべてもらえるわけではなく、手数料を差し引いて現金をもらうことになります。とにかく少しでも手数料を安くして資金をより多く調達したいという願いをかなえてくれるのが、ファクタリング取引です。

2社間取引よりも時間がかかりますので、「時間に余裕がある」「取引先に債権譲渡を通知することに何の問題もない」という場合には、こちらがおすすめです。

3社間ファクタリングのメリットとデメリット

3社間ファクタリングのメリットとしては、2社間ファクタリングよりも手数料が安いということがまず挙げられます。これは、売掛先が間に入ることで、もし万が一、破産などが起こって紙クズとなるというリスクが軽減されるからです。それはそうですね、ファクタリング会社も何もわからない売掛を買うというのはリスクが伴うので、間に売掛先が入れば、信頼もできますから、その分の安心料として買取の際も高く買い取ってくれます。

3社間ファクタリングのデメリットとしては、売掛先に売却するということがバレてしまうため、会社のイメージや信頼が悪くなる恐れがあります。「あの会社は潰れそう」だとか、「経営者の腕が悪い」だの何のだのと、有る事無い事を言われる事になるかもしれません。イメージというものは怖いもので、一度失った信用を取り戻すのには、信頼を得るより何倍も難しいものです。なので、目先の利益に捕らえられて、イメージを悪くするのだけはやめといたほうが良いでしょう。

会社の特性に合わせた売掛金以外のファクタリング

診療報酬の入金タイムラグを短くできるファクタリング

医療関係で使われるのが医療報酬債権ファクタリングです。病院や介護施設、調剤薬局などの医療機関が便利に利用できる取引となっています。診療報酬の債券を買い取ってくれるので、通常の企業のように売掛金でなくても大丈夫です。タイムラグが長い診療報酬の受け取りのため、資金繰りが難しい医療現場の悩みに応えてくれるファクタリングであり、経営改善や事業再生のときに助かります。

個人客を相手とするお店で使えるクレジットカードファクタリング

個人が主な顧客であり、売掛金という形でのファクタリンが難しい飲食店などが利用できるファクタリングが、クレジットカードを利用した取引です。お店のクレジットカードでの売上をすぐに現金化できます。クレジットカードから決済代金の入金をファクタリング会社にしてもらう仕組みです。

このクレジットカードファクタリングも2社間取引をすることは可能です。「従業員の給与が支払えない」「毎日の営業に必要なものを調達する資金がない」といった切実な悩みを抱えた店舗の助けとなってくれます。

国際ファクタリング安心して海外企業と取引できる

国内企業が相手の場合に使えるファクタリングが多いですが、この国際ファクタリングは海外企業でも使えます。輸出債権を利用したファクタリングであり、輸出先の海外企業からファクタリング会社が代金を回収してくれます

国債取引では信用が置けるかどうか判断が難しいです。法の及ばないところもあり、債権が回収できない例も多々あります。 取引を行いたいけれども信用できるかどうかわからないというときの保証として便利に使えるのが、この国際ファクタリングです。

早期現金化が主な目的というより、取引したい相手が信用状を開設できなかったり、万が一のための決済の保証として使いたいという会社にもってこいのファクタリングです。

耳より情報! 当座預金口座開設のススメ

管理人

管理人プロフィール
profile

40代で運送会社を設立してから、はや10年。何とかやっていますが、資金調達には苦労ばかり。
同じ境遇の方に少しでも役立っていただければと思いサイトを立ち上げました。

ノンバンク系
ビジネスローン比較
頼れるノンバンクリスト
全容解説!
ビジネスローンとは
ビジネスローンの
事業資金融資事例集
事業の資金繰りに
関する基礎知識

サイトマップ