HOME » ビジネスローンの事業資金融資事例集 » 【事例6】ノンバンクのファクタリングで資金調達ができた

【事例6】ノンバンクのファクタリングで資金調達ができた

事例1: ファクタリングによって介護報酬をスピーディに現金化

デイサービスを運営しているAさん。サービスがいいと地元で話題になり順調な経営を続けています。ただ気がかりなのが介護報酬のこと。介護報酬は現金にするまでに2か月ほどかかってしまうからです。

順調な経営とはいっても日々の光熱費や雑費など、こまごましたお金が出ていきます。そこで経営者仲間から聞いていた、ファクタリング会社に相談することにしました。

銀行融資などの方法も考えましたが、時間がかかるうえ手数料のなども高くなります。ファクタリングの場合はスピーディーに現金化することができ、特に担保なども要求されません。

結果、すぐに現金を手に入れることができ、日々生じる費用に充てることができました。

事例2: 取引にかかわる800万円の費用をファクタリングで確保

Bさんの経営している板金工場では、車の修理などを行っています。この度大手企業と縁があり、下請けとして仕事を任されることが決まりました。

しかし作業規模が大きくなると機械の導入や作業員の増員、工具の仕入れなどさまざまな費用が発生します。場合によっては従業員に出張してもらう必要もあるでしょう。

また最初のうちは外注に依頼する部分も出てくるので、外注費の確保も課題となります。総計すると800万、小さな工場にとってすぐに用意できる金額ではありません。

銀行に融資を受けようと思いましたが、経営の細かい部分を指摘され融資してもらえない可能性が高そうです。

そこで、ファクタリング会社に相談したところ、売掛金を現金にしてもらえることが分かりました。売掛売買契約となるので、金融機関等に知られることもありません。

さっそく発生した売掛金を現金にして、無事予算を確保することができました。

事例3: 地方の和菓子店がファクタリングを利用して都会へ進出

地方の和菓子店で長年商売を続けていたC家。この度Cさんが後を継ぐことになりました。ただこのまま地方でだけ商売を続けていても、この先何十年も続けていけるとは思えません。

そこで思い切って新商品を開発し都会に進出しようと考えました。とはいっても地方の小さな和菓子店です。都会に進出するためには新しい商品作りをし、魅力的な店にしていく必要があります。

いい方法はないかとインターネットで調べたところ、ファクタリングという方法が目に入りました。最初は怪しいと思っていましたが、よく調べるときちんとした企業が運用しています。

ちょうど各地の物産展に商品を提供した際のまとまった売掛金があったので、相談したところ問題なく現金にしてもらうことができ、都会へ進出する準備が整いました。

事例4: ファッションの本場パリへ留学するための資金をファクタリングで捻出

オーダーメイド服の販売で業績を上げてきたDさんの会社。業績は安定していますが、ファッションの世界はめまぐるしく変わっていきます。そろそろファッションの本場パリに留学し、新しい感覚を身に着けたいと考えていました。

そのためには自分だけではなく、何人かの社員もつれていきたいのです。しかしそれには留学資金が必要となります。旅費はもちろん一定期間スクールに通う学費も必要となるでしょう。

そこで目を付けたのが、大きな案件をこなした時に発生した売掛金です。ファクタリングを活用すれば、すぐに資金を手に入れることができると聞いたことがあります。

相談したところ特に担保もなく、すぐに現金が手に入りました。そのおかげでまとまった資金が手に入り、Dさんは留学の日を楽しみにしながら準備を進めています。

耳より情報! 当座預金口座開設のススメ

管理人

管理人プロフィール
profile

40代で運送会社を設立してから、はや10年。何とかやっていますが、資金調達には苦労ばかり。
同じ境遇の方に少しでも役立っていただければと思いサイトを立ち上げました。

ノンバンク系
ビジネスローン比較
頼れるノンバンクリスト
全容解説!
ビジネスローンとは
ビジネスローンの
事業資金融資事例集
事業の資金繰りに
関する基礎知識

サイトマップ