HOME » ビジネスローンの事業資金融資事例集 » 【事例3】不動産を担保に事業資金を調達

【事例3】不動産を担保に事業資金を調達

不動産を担保に事業資金を調達

このページでは、自らが所有する不動産を担保とし、事業資金を調達して成功した事例についてご紹介いたします。

中長期の借り入れなら「不動産担保ローン」

さまざまなノンバンクや金融機関においても、「不動産担保ローン」は数千万~数億円単位(10億円以上のケースもあり)もの高額融資が可能なビジネスローンです。

不動産の多くは「経営者の自宅マンション」など、実際に住んでいる住宅であることが多く、返済できなかった時のリスクを考えても、非常に「本気度の高いビジネスローン」と言えるでしょう。

融資額が高額になるため、返済も数年単位でゆとりを持って返せるパターンが多いです。

事例1:不動産を担保にスピード借り入れ!

個人事業主として、細々と事業を展開していたAさん。ある日大口取引が入ったものの、これまで利用していた小口のローンではまかないきれず、銀行に融資を依頼。

しかし銀行では「融資までに数週間かかる」と言われ、せっかくの大口取引を諦めかけていました。

それでも何とかチャンスを逃したくないと思い、独自の審査基準を持つノンバンクに相談。

「自宅マンションを担保にすれば、1,000万円の融資が翌日には可能」との回答をもらい、融資をお願いしました。

無事取引もまとまり、順調に業績を伸ばしています。繰り上げ返済可能なノンバンクだったため、ローンも前倒しで返済できそうとのこと。

事例2:大口取引が決定!つなぎ資金を不動産担保で調達

転売事業を営んでいるBさん。高級品を取り扱う場合もあり、今回は過去最高の仕入れ額となりました。

3か月後に手形の入金があり、購入金額は確実に支払えるのですが、それまでの運転資金に不安がありました。

そこで自宅を担保に融資を受けられるノンバンクを探し、無事に3か月後までに必要な資金を調達することができました

返済もゆっくりめのプランにしたため資金繰りにもゆとりができています

耳より情報! 当座預金口座開設のススメ

管理人

管理人プロフィール
profile

40代で運送会社を設立してから、はや10年。何とかやっていますが、資金調達には苦労ばかり。
同じ境遇の方に少しでも役立っていただければと思いサイトを立ち上げました。

ノンバンク系
ビジネスローン比較
頼れるノンバンクリスト
ビジネスローンの種類
全容解説!
ビジネスローンとは
ビジネスローンの
事業資金融資事例集

サイトマップ