HOME » 事業の資金繰りに関する基礎知識 » 開業資金にビジネスローンを利用するポイント

開業資金にビジネスローンを利用するポイント

開業資金にビジネスローンを利用することは可能

ビジネスローンというと、開業資金ではなく事業の運営資金として利用するイメージですが、ビジネスローンの種類によっては開業資金として利用できる商品もあります。

ビジネスローンのメリットは、日本政策金融公庫の新創業融資などと比較すると手軽に手続きをすることができ、また融資までの時間が短いという点です。

しかし、ビジネスローンには注意しておきたいこともいくつかあります。

ここでは、開業資金をビジネスローンとして利用する際に覚えておきたいポイントを4つご紹介します。

1.ほかに負債がある場合はできるだけ減らしておく

ビジネスローンにはさまざまな種類がありますが、これから開業するという場合、利用を検討している金融機関での取引がまったくないときなどは、無担保ローンで保証人なしの契約をすることも多いと思われます

この場合、家計などでローンを組んでいたり、カードローンの利用などの負債が多いと、審査に影響してしまう可能性が高いです。

家計などほかに負債がある場合は、できるだけ完済するか、少しでも減らしておくことをおすすめします。

2.有担保にするか無担保にするか

ビジネスローンには「有担保型」と「無担保型」があります。

それぞれにメリットとデメリットがありますので、自分の状況に当てはめたうえで、どちらを利用するか検討してみましょう。

有担保型

自己所有の土地や物件、不動産を始めとする資産を担保に融資を受けるタイプのビジネスローンです。

担保があるので無担保型よりも多くの融資を受けることができ、また金利が低く返済期間も長く設定できるのがポイントです。

大口融資を受けたい場合は、有担保型を検討するとよいと思います。

無担保型

担保なしで融資を受けられるので、担保の審査などがない分スピーディーに融資を受けることができます

ただし、有担保型と比較すると融資金額が低くなり、また金利も高め、返済期間も短くなってしまう場合が多いです。

3.できるだけ知名度の高い金融機関を選ぶ

ビジネスローンを申し込む際には、大手の金融機関など知名度が高く、安定した運営を行っている金融機関を選びましょう。

仮に契約していた会社が倒産するなどといったトラブルが発生した場合、何らかの手続きがこちらに及ぶ可能性があります

また、ノンバンクでのビジネスローンを組んだ場合、その後の事業資金の調達において銀行や日本政策金融公庫などを利用しようとすると、融資の審査でマイナス要因となる可能性があります。

将来的に銀行などでさらなる融資を申し込む予定がある場合は、ノンバンク系のビジネスローンは避けたほうがよいでしょう。

4.金利と融資額について気をつけたい点

ビジネスローンは、銀行やそのほかの事業資金融資商品と比較すると、金利が高いことが多いです。

また融資金額についても無担保型の場合は最大で数100万円であることも多く、まとまった事業資金を必要とする人には不向きな場合もあります

ただし、これまで金融機関との取引がない人にとっては、手軽に開業資金を調達できる金融商品であることも確かです。

金利や融資金額、自分の状況などを考慮し、ビジネスローンの利用を検討してください。

耳より情報! 当座預金口座開設のススメ

管理人

管理人プロフィール
profile

40代で運送会社を設立してから、はや10年。何とかやっていますが、資金調達には苦労ばかり。
同じ境遇の方に少しでも役立っていただければと思いサイトを立ち上げました。

ノンバンク系
ビジネスローン比較
頼れるノンバンクリスト
ビジネスローンの種類
全容解説!
ビジネスローンとは
ビジネスローンの
事業資金融資事例集
事業の資金繰りに
関する基礎知識

サイトマップ