HOME » ビジネスローンの種類 » 手形割引

手形割引

手形割引のメリット

資金調達方法のひとつである手形割引。割引という名称から誤解しやすいですが、実際には「所定の手数料分を差し引き」手形を買い取ってもらうという仕組みです。そこにはどのようなメリットがあるのでしょうか。

赤字経営でも融資を受けられることがある

手形割引を依頼する場合、重要視されるのは依頼する企業ではなく、「手形を振り出した企業の信用度」です。仮に依頼した企業が赤字状態に陥っているといった場合であったとしても、手形を振り出した企業が優良企業であれば、手形割引は認められる場合がほとんどです。

期日前に現金化できる

手形が指定している期日よりも早く現金化できるため、つなぎ資金が必要な場合などには重宝する資金調達方法と言えるでしょう。

手形割引のデメリット

一方で、手形割引にもデメリットがあります。具体的にどういったものなのか、見ていきましょう。

融資ではなく、現金化

一般的な融資とは異なり、長期的なスパンでの資金活用には向かず、あくまで短期的な支払いや返済のために現金化するという方法になります。

本来の売上金よりも手元に入る金額が少ない

手形割引は、売上金から利息が差し引かれるため本来売り上げた金額よりも、実際に手元に入る金額は少なくなります。早く現金化するために、利息を支払うという取引であるという点に留意してください。

あらためて、手形割引とは

繰り返しになりますが、今一度、手形割引についておさらいしておきましょう。手形割引とは、商品を売り上げた際に、売り出し先の企業が支払い用に振り出した手形を、ノンバンクに利息分を差し引いて期日前に現金化してもらうこと

どうしても期日前に現金が必要だといった場合に、利息分を手数料として、早急に現金化するという方法です。

手形割引が向いているのはどんなケース?

資金調達方法として、手形割引を活用するのに適したケースとはどんな場合か、見ていきましょう。 

早急に資金を必要としている時

例えば、従業員への給与支払いや他社への支払い期限が迫っている場合などは、まさにそうすべき時です。これらの支払いが滞ってしまうと、信頼や信用といったものが著しく低下してしまいます。急きょ現金が必要になった場合には、積極的に利用するべきと言えましょう。逆に、不動産担保ローンなどのように長期間を前提とした融資ではなく、あくまで短期間の急場をしのぐための資金調達方法であることも、理解しておくべきです。

当座預金口座を持っているなら「手形貸付」という選択肢も!

手形割引は確かに、期日前に現金が必要だといった場合にはうってつけの方法です。しかしそうは言っても、上記デメリットにもあるように、手形割引は売上金から利息が差し引かれるため、実際に手元に入る金額が少なくなることも。

ですが、もし当座預金口座をお持ちであれば、手形貸付を利用するという選択肢もあります。手形を一種の担保に見立てて融資を受けることができますし、融資を受ける金額から金利は差し引かれるものの、手形割引のように売上金からの利息が差し引かれることはありません。また、一般的には手形割引よりも現金化のスピードが速いとされているため、お急ぎで現金化をお考えでしたら、こちらの利用も合わせて検討してみてはいかがでしょうか。

手形貸付を扱うおすすめのノンバンク3選はコチラ

耳より情報! 当座預金口座開設のススメ

管理人

管理人プロフィール
profile

40代で運送会社を設立してから、はや10年。何とかやっていますが、資金調達には苦労ばかり。
同じ境遇の方に少しでも役立っていただければと思いサイトを立ち上げました。

ノンバンク系
ビジネスローン比較
頼れるノンバンクリスト
ビジネスローンの種類
全容解説!
ビジネスローンとは
ビジネスローンの
事業資金融資事例集
事業の資金繰りに
関する基礎知識

サイトマップ