HOME » ビジネスローンの種類 » ファクタリング

ファクタリング

ファクタリングのメリット

資金調達方法のひとつであるファクタリング。実際に利用した場合のメリットを3つのポイントに絞り、挙げてみました。

売掛金を期日より早く現金化できる

売掛先に商品を納品したとして、実際に現金を手にするまでには時間がかかります。

明確には決まっておらず、30日かかる場合もあれば180日後になる場合もあります。このタイムラグが中小企業にとってはキャッシュフローの悪化になりがちな要因です。

そんな時、ファクタリングを利用すれば支払期日より早く売掛金を現金化することができます。

ファクタリングは借金ではないので安心

キャッシュフローが悪化した時、金融業者からつなぎ資金を借りるという方法もありますが、業者によっては金利も高めで先行きの返済も容易ではありません。その点、ファクタリングは売掛金を譲渡する仕組みなので、会計上も借入としない方法もあるのです。

売掛先企業が倒産しても支払リスクはない

売掛債権はきっちり回収してこそ取引完了となるわけですが、支払期日までに先方が倒産するリスクもゼロではありません。そんな場合でもファクタリングで得た譲渡金を返済する必要はないのです。回収の手間とリスクがないという点でも資金繰りに悩む企業にとっては有利な資金調達方法といえます。

ファクタリングのデメリット

借金ではないなどのメリットだけでなく、ファクタリングにもデメリットといえる点はあります。

手数料や買取の掛目が必要となる

売掛金を譲渡する際、額面がそのまま手元に入るわけではなく、ファクタリング会社に対する手数料や買取の掛目が必要となります。売上としてはその分、マイナスになるわけです。

売掛先企業の承諾が必要なケースがある

売掛金を譲渡するにあたっては、自社とファクタリング会社に加えて売掛先企業の三社間取引になるケースがあり、この場合は売掛先企業の承諾を得る必要があります。この交渉や手続きには一定の時間がかかることもありますし、今後も取引をする相手だと心象を損ねる可能性もないとはいえません

債権譲渡登記をすることも

取引内容にもよりますが、売掛金を譲渡する際に債権譲渡登記をしなくてはならないケースもあります。ファクタリング会社でもこの登記を条件にしているところがあるので、確認してから依頼するようにしてください。

あらためて、ファクタリングとは

ファクタリングは、取引先の売掛金や受取手形といった売掛債権を期日前に現金化する仕組みのことです。また、そうした業務に特化したファクタリング会社というものが存在します。商品を売り上げて納品した後も、実際に現金を手にするのは数か月先になることがあります。これがキャッシュフローの悪化にもなり、次の取引の仕入代金に事欠くような事態も起こりかねません。そんな時、ファクタリングを利用すれば入金のタイミングが遅くともビジネスが回るようになり、無理に借金をする必要もないのです。ただし、ファクタリング会社に売掛債権を買い取ってもらうには、ファクタリング手数料や割引料を払う必要があります。ファクタリング会社への手数料や割引料は、早期に現金化するための利息ともいえるでしょう。

ファクタリングが向いているのはどんなケース?

ファクタリングの利用には以下の3つのような場面が適しています。

売掛債権の相手の支払サイトが長い

取引先としては有り難い存在でも、請求してから入金されるまでの支払サイトが長い相手の場合、売上が見えているのに現金が入ってこない状態が続いてしまいます。こうした取引の割合が多い場合、決算としては黒字でも運転資金が回らなくなることがあり、早期の現金化手段であるファクタリングが有効です。

借入はしたくない、または融資枠に余裕がない

中小企業だと資金調達するにもあまり選択肢が多くないのが一般的。銀行から低金利の融資を受けるのは難しく、ノンバンク系の高金利で借入するのもかえって負担を増すリスクがあります。その点、ファクタリングは借金ではなく、将来的な入金分からマージンを引いて現金化する方法。売掛債権さえあれば、無理なく現金を調達することができます。

メインバンクなど社外に知られずに現金調達したい

ファクタリングを利用したからといって、それがメインバンクや第三者に知られることはありません。新たな融資を受けると信用情報で他の借入先にわかってしまいますが、ファクタリングならその心配がないのです。

ビジネスローンとは違うファクタリングの仕組みを紹介

ファクタリングには2社間取引と3社間取引があります。両者の最大の違いは「売掛金回収先企業にファクタリング会社を利用していることがわかってしまうかどうか」かです。ファクタリングは、売掛金の現金化だけではなく、診療報酬やクレジットカードでの売上も現金化できます。それぞれの会社の悩みに合わせて取引を選ぶことが可能です。

利用者が取引先から集金して支払う「2社間ファクタリング」

2社間ファクタリングは、取引先から直接ファクタリング会社に売掛金を支払うのではなく、利用者が取引先から集金してファクタリング会社に支払います。

利用者は、2社間ファクタリング契約をすることで、売掛金の期日よりも早くお金をファクタリング会社からもらうことができます。

つまり、売掛金回収先の企業にファクタリングをしていることを知られたくない場合にこのファクタリングが使えます。2社間取引にすることで、信用を損なうことなくファクタリングができます。

ファクタリング会社からは、決して売掛金回収先である取引先企業へ連絡することはありません。

また、債権譲渡の承諾が得られなかった場合もこの方法が有効です。ファクタリングをしたいけれども応じてもらえない、取引先の信用を大事にしたいといった悩みを解決してくれる取引です。

担保や保証人が必要のない2社間取引もあり、この場合は早く資金化の目処がたちます。債権譲渡を待っている時間さえもない利用者には最適です。

取引先がファクタリング会社に支払う「3社間ファクタリング」

3社間ファクタリングは、売掛金の回収をファクタリング会社がします。ファクタリングをすると売掛金の額をすべてもらえるわけではなく、手数料を差し引いて現金をもらうことになります。とにかく少しでも手数料を安くして資金をより多く調達したいという願いをかなえてくれるのが、ファクタリング取引です。

2社間取引よりも時間がかかりますので、「時間に余裕がある」「取引先に債権譲渡を通知することに何の問題もない」という場合には、こちらがおすすめです。

会社の特性に合わせた売掛金以外のファクタリング

診療報酬の入金タイムラグを短くできるファクタリング

医療関係で使われるのが医療報酬債権ファクタリングです。病院や介護施設、調剤薬局などの医療機関が便利に利用できる取引となっています。診療報酬の債券を買い取ってくれるので、通常の企業のように売掛金でなくても大丈夫です。タイムラグが長い診療報酬の受け取りのため、資金繰りが難しい医療現場の悩みに応えてくれるファクタリングであり、経営改善や事業再生のときに助かります。

個人客を相手とするお店で使えるクレジットカードファクタリング

個人が主な顧客であり、売掛金という形でのファクタリンが難しい飲食店などが利用できるファクタリングが、クレジットカードを利用した取引です。お店のクレジットカードでの売上をすぐに現金化できます。クレジットカードから決済代金の入金をファクタリング会社にしてもらう仕組みです。

このクレジットカードファクタリングも2社間取引をすることは可能です。「従業員の給与が支払えない」「毎日の営業に必要なものを調達する資金がない」といった切実な悩みを抱えた店舗の助けとなってくれます。

国際ファクタリング安心して海外企業と取引できる

国内企業が相手の場合に使えるファクタリングが多いですが、この国際ファクタリングは海外企業でも使えます。輸出債権を利用したファクタリングであり、輸出先の海外企業からファクタリング会社が代金を回収してくれます

国債取引では信用が置けるかどうか判断が難しいです。法の及ばないところもあり、債権が回収できない例も多々あります。 取引を行いたいけれども信用できるかどうかわからないというときの保証として便利に使えるのが、この国際ファクタリングです。

早期現金化が主な目的というより、取引したい相手が信用状を開設できなかったり、万が一のための決済の保証として使いたいという会社にもってこいのファクタリングです。

耳より情報! 当座預金口座開設のススメ

管理人

管理人プロフィール
profile

40代で運送会社を設立してから、はや10年。何とかやっていますが、資金調達には苦労ばかり。
同じ境遇の方に少しでも役立っていただければと思いサイトを立ち上げました。

ノンバンク系
ビジネスローン比較
頼れるノンバンクリスト
ビジネスローンの種類
全容解説!
ビジネスローンとは
ビジネスローンの
事業資金融資事例集
事業の資金繰りに
関する基礎知識

サイトマップ