HOME » ビジネスローンの種類 » 手形貸付

手形貸付

手形貸付のメリット

資金調達方法のひとつである手形貸付。この方法を選ぶ際には、どのようなメリットがあるのかについて、まずは見ていきましょう。

自社で手形を振り出すため、手続きが簡単

手形貸付は、取引先などが料金支払いの約束として提出した手形を、一種の担保に見立て、ノンバンクに自社から振り出すというしくみです。そのため、第三者が介入することはなく、手続きをスムーズに進めることができます。

比較的短期間で融資を受けられる

手形貸付は、数ある資金調達方法の中でも、融資までにかかる時間が少なくて済む方法になります。いわゆるつなぎ融資など、早急に資金が必要となった場合などには、素早く現金化できるというのは大きな利点と言えるでしょう。

一括返済・中途返済など返済パターンが選べる

手形貸付は、引受先のノンバンクの方針により、返済パターンを選べるようになっている場合が多くあります(固定されている場合もありますが)。利用の際は、自社の都合に合わせた返済方式を選べるノンバンクに依頼するというのも、ポイントと言えそうです。

審査が甘い傾向にある

他の資金調達方法と比べ、手形貸付は、融資を受ける際の審査が甘いと言われています。これは依頼者の信用度はさほど重視されず、あくまで手形の振り出し先企業の信用度が重視されるためです。設立から時間の経っていない、まだ業績が少ない会社などの場合でも、融資を得られる可能性が高い資金調達方法と言えるでしょう。

繰り返し融資を受けられる

きちんと期日内にローンを返済することで、繰り返して手形貸付による融資を受けるということが可能になります。

手形貸付のデメリット

逆に、手形貸付には、つなぎ資金に利用されることが多いというゆえのデメリットというものも存在しています。

返済までの期間が短め

手形貸付は「短期融資」が基本となっており、返済までの期間も他の融資より短くなっています。仮に、手形貸付の返済期間中、資金繰りが悪化したとしても、所定の期間内に返済することが求められます

返済を遅滞した場合、信頼度が一気に低下

手形貸付の返済は、期日厳守です。期日を遅れてしまうと手形は「不渡り」となり、社会的信用を大きく失ってしまいます。その結果、「銀行取引停止処分」を受けたり、2回以上代金を不渡りにしてしまうと事実上の倒産となってしまうケースもありえます。

融資額から金利が差し引かれる

手形貸付の場合、融資を受ける金額から、あらかじめ金利が差し引かれる仕組みになっています。金利の分、実際に手にできる金額は少なくなってしまいます

あらためて、手形貸付とは

では、手形貸付とは一体どのようなものなのかを、より詳しく見ていきましょう。手形貸付とは、依頼者が約束手形を金融機関に振り出して、手形の金額から利息を差し引いた分を融資として受けられる資金調達方法です。

手形での売上の場合、実際に売上金が支払われるまでのタイムラグがあるため、その時間差を埋めるための、つなぎ資金として多く用いられています。なお、手形貸付は、融資を受けた資金を返済するのが「一年以内」の場合です。一年を超える場合は「証書貸付」という資金調達方法になります。

ちなみに、約束手形を用いた資金調達方法としては、「手形割引」というものもあります。「手形割引」は簡単に言えば、ノンバンクなどの金融機関に手形を所定の手数料分を差し引いて買い取ってもらう方式で、言ってみれば支払い日に手数料を払って前倒しする方法になります。手形貸付の場合は現金化はしない手形割引は現金化するというのが違いになります。

手形貸付が向いているのはどんなケース?

手形貸付で資金を調達するのが望ましい企業やケースについて見ていきましょう。

資金がショートしそうな場合に手形貸付で短期融資

事業や売上は順調ながらも、支払いが手形という場合で一時的に資金繰りが立ち行かないという場合に、手形貸付は急場をしのぐために適した資金調達方法と言えます。比較的審査が甘いと言われている点も、スピード融資を実現しやすい点と言えます。

耳より情報! 当座預金口座開設のススメ

管理人

管理人プロフィール
profile

40代で運送会社を設立してから、はや10年。何とかやっていますが、資金調達には苦労ばかり。
同じ境遇の方に少しでも役立っていただければと思いサイトを立ち上げました。

ノンバンク系
ビジネスローン比較
頼れるノンバンクリスト
ビジネスローンの種類
全容解説!
ビジネスローンとは
ビジネスローンの
事業資金融資事例集
事業の資金繰りに
関する基礎知識

サイトマップ