HOME » ビジネスローンの種類 » 不動産担保ローン

不動産担保ローン

 不動産担保ローンのメリット

資金調達方法のひとつとして知られる不動産担保ローン、まずは、どのようなメリットがあるのか、ご紹介していきましょう。

高額の融資が受けやすい

先刻ご承知とは思いますが、担保ありのローンは、無担保ローンよりも、限度額が高く設定されています。無担保ローンは万一返済不能になった場合のリスクを考え、限度額が低く抑えられているからです。その点、不動産担保ローンは文字通り不動産を担保としているため、信頼感があり、高額な融資も可能になるのです。

長期の借り入れもしやすい

不動産担保ローンは比較的高額なため、返済期間も必然的に長くなります。これは見方を変えれば、1回あたりの返済金額の負担も少なくなり、企業のキャッシュフローが長く安定しやすくなるということでもあります。

金利も低め

不動産担保ローンと無担保ローンを比べると、金利の面でも不動産担保ローンの方が低く抑えられています。この点においても、無担保ローンに対する優位性が発揮されています。

不動産担保ローンのデメリット

では、不動産担保ローンのデメリットは何でしょうか?メリットが大きければ、その分、相応にデメリットも存在しています。

手数料や登記費用がかかる

不動産を担保とする場合、「抵当権の設定」という手続きが必要になります。これは万が一返済が困難となった場合、債権者に不動産を明け渡すために必要な手続きです。このためには諸費用が必要となり、また書類などの準備にも手間と時間がかかるので、実際に融資を受けるまでに日数が必要となるのです。

中途解約違約金が発生する場合がある

不動産担保ローンは、長期借り入れを前提としています。ノンバンクの方針などにもよりますが、仮に途中で契約を解除したいという場合に、違約金が発生する場合もあるので、申し込みの際には要チェックです。

返済できないと不動産が差し押さえられる

ある意味当たり前のことではありますが、返済が不能となった場合、債権者に不動産を引き渡さなくてはなりません自宅を担保としている場合は、自宅を失う可能性があるということを、しっかり理解しておくべきです。

あらためて、不動産担保ローンとは

不動産担保ローンはその名称が示している通り、債務者が所有している不動産を担保として設定し、借り入れるローンのこと。担保とは、簡単に言えば、ローンの支払いが不可能となった場合に、債務者が債権者に差し出す保険のようなもの。不動産担保ローンの場合は、この担保が不動産になっているという訳です。なんらかの理由でローン返済ができなくなったという場合には、担保にしていた不動産が債権者(融資する人)のものになります。

ちなみに、担保には大きく分けて「物的担保」「人的担保」の2種類があり、不動産は「物的担保」に含まれます。物的担保は、不動産のほか有価証券なども用いられます。

一方で人的担保とは、簡単に言えば保証人のこと。いずれの場合も、担保を設定することで、融資する側にとってのリスクを減らすという意味があります。

不動産担保ローンが向いているのはどんなケース?

資金調達方法として、不動産担保ローンは、どんな企業やケースに向いているのか、見ていきましょう。

新事業や投資などで多額の融資を必要としている

前述の通り、不動産担保ローンは無担保ローンに比べ、債権者のリスクが少ないため、高額の融資が受けやすくなります。それゆえ、例えば新しく支店を立ち上げる、新事業に投資するといった具合に、まとまった資金が必要な時に利用を検討したいローンと言えます。

耳より情報! 当座預金口座開設のススメ

管理人

管理人プロフィール
profile

40代で運送会社を設立してから、はや10年。何とかやっていますが、資金調達には苦労ばかり。
同じ境遇の方に少しでも役立っていただければと思いサイトを立ち上げました。

ノンバンク系
ビジネスローン比較
頼れるノンバンクリスト
ビジネスローンの種類
全容解説!
ビジネスローンとは
ビジネスローンの
事業資金融資事例集

サイトマップ