HOME » ビジネスローンの種類 » 無担保ローン

無担保ローン

無担保ローンのメリット

無担保ローンとは、文字通り担保なしで融資を受けられるローンのことです。まずは、どのようなメリットがあるのかという点から、具体的に見ていきましょう。

スピード審査が可能、早急に資金が必要な場合に便利

不動産担保ローンなど担保を設定する融資の場合、その担保内容が貸し付けるローンに見合っているかなどの審査が行われることになります。当然、担保の審査には一定の時間が必要となり、その分、融資を受けるまでの待ち時間が長びくことになります。その点、無担保ローンはそもそも担保を審査するということがないため、融資までの時間も短くて済むということになります。

担保や保証人が見つからない場合も融資を受けられる

一般的なローンには担保となる不動産や保証人が必要となりますが、中小企業や個人事業主の場合、それらが確保できないというケースは往々にしてあります。そうしたものを探す手間暇のせいで、本来の業務が疎かになってしまうということもありえますね。その点、無担保ローンであれば、そうしたハードルが低くなり、資金調達がしやすいという恩恵を受けることができます。

無担保ローンのデメリット

では逆に、無担保ローンのデメリットとは一体どういったものなのか、これも具体的に見ていきましょう。

担保ありの場合に比べ、融資額が低くなってしまう

担保なしでローンが組めるというのは、融資を受ける側にとっては大きなメリットがありますが、貸し手側から見れば、リスクが大きくなるということでもあります。それゆえに、無担保ローンは担保を設定しているローンに比べ、融資してもらえる限度額はどうしても低くなってしまいます。高額の融資が必要であるならば、相応の担保を設定したローンを利用しなければなりません。

金利も高めになってしまいがち

融資の限度額の場合と同じく、返済不能となった場合のリスクも高くなるため最初から金利が高めに設定されているという現実があります。

あらためて、無担保ローンとは

では、無担保ローンについて今一度おさらいしていきましょう。読んで字のごとく、「担保なしで組めるローン」が無担保ローンです。そもそも「担保」とはなんでしょうか?簡単に言えば、融資や借り入れを受ける際、その返済をできなかった場合に、その見返りとして差し出すものということになります。つまり、担保を設けるということは、ローンが返済不能に陥った場合、貸し手側が損を受けないようにするための保険のようなもの、と言うことになります。

そんな担保には大きく分けると、「物的担保」「人的担保」という2種類があります。前者の物的担保とは、借り手側が所有している不動産や有価証券などの財産のこと。後者の人的担保とは、いわゆる保証人のこと。借り手である債務者が返済不能となった場合には、保証人がその債務を果たさなければならないという方式です。

つまり、無担保ローンとは、物的担保も人的担保も設定しない、「債務を果たせなかった場合の保証がないローン」ということになります。

無担保ローンが向いているのはどんなケース?

資金調達方法として無担保ローンが向いているのはどんな場合、どんな企業でしょうか?そのポイントをご紹介していきましょう。

スモールスタートで事業を始めたい場合

言うまでもなく、ローンは借りた額が大きければ大きいほど、返済の負担も増え、返済不能になった場合の責任も大きくなります。その点、無担保ローンは融資限度額が一定に抑えられているため、小人数で始める会社や、小さな企業が低コストで事業を立ち上げたいといった場合に適していると言えます。

そもそも担保になるものがない個人事業主や中小企業

前述の通り限度額は設けられているものの、担保となるような不動産がない場合や保証人を用立てられない場合でもこのローンは利用することができます。個人事業主や中小企業、事業を始めたばかりで信用が低い、保証人が見つからないといった場合には、ぜひ検討しておくべきです。

耳より情報! 当座預金口座開設のススメ

管理人

管理人プロフィール
profile

40代で運送会社を設立してから、はや10年。何とかやっていますが、資金調達には苦労ばかり。
同じ境遇の方に少しでも役立っていただければと思いサイトを立ち上げました。

ノンバンク系
ビジネスローン比較
頼れるノンバンクリスト
ビジネスローンの種類
全容解説!
ビジネスローンとは
ビジネスローンの
事業資金融資事例集
事業の資金繰りに
関する基礎知識

サイトマップ