HOME » 全容解説!ビジネスローンとは » 銀行系とノンバンク系の違い

銀行系とノンバンク系の違い

このページでは、融資方針など事業資金の貸し手として銀行系とノンバンク系ローンの違いを紹介します。

どう違う?銀行系とノンバンク系の事業資金向けローン

事業資金として利用できるビジネスローンを取り扱っているのは銀行系とノンバンク系とに大別することができます。これらにはそれぞれ特徴があり、それが違いにもなっているので、まずは以下の一覧表を見てください。

  銀行系 ノンバンク系
融資までの期間 1~2週間程度とやや時間がかかる 3~5日程度と短期間
融資額 審査次第で億単位も可能 上限500万~1,000万円
審査の難易度 提出書類が多く審査は厳しい 大半が決算書類のみで比較的甘い
金利 審査次第だが6~15%と低い 10~18%と高い
返済期間 5年以内でも短期設定が多い 5年以内で長めも可能
業歴 3期目までは通りにくい 開業資金にも対応
担保 必要なケースあり 不要
保証人 必要なケースあり 第三者保証不要

銀行系とノンバンク系の事業資金向けローンの金利の違いとは

こうして特徴を整理するとよくわかりますが、すぐに資金が必要なわけではなく、経営状態も良好なら金利が低い銀行系から融資を受けるのがいいと思います。しかし、個人事業主や中小企業の現実を考えれば、短期間で審査も比較的緩いノンバンク系を頼りにするのが常道でしょう。銀行系とノンバンク系とを比べた時、金利が違うのは何も業態が違うからではありません。ビジネスローンという同じ金融商品で競合している以上、本来その商品に大きな差は生まれにくいもの。銀行が低金利で融資するのは貸し倒れリスクが少ない案件に限定しているからで、ノンバンク系の金利が高めなのは銀行系よりもリスクをとって個人事業主や中小企業に融資しているからなのです。

資金繰りに余裕のない状況で、すぐに必要な資金を用立ててくれる可能性が高いのはやはりノンバンク系。金利も含めて返済計画をきちんと立てて利用すれば、個人事業主や中小企業にとって心強い存在にもなるはずです。

耳より情報! 当座預金口座開設のススメ

管理人

管理人プロフィール
profile

40代で運送会社を設立してから、はや10年。何とかやっていますが、資金調達には苦労ばかり。
同じ境遇の方に少しでも役立っていただければと思いサイトを立ち上げました。

ノンバンク系
ビジネスローン比較
頼れるノンバンクリスト
ビジネスローンの種類
全容解説!
ビジネスローンとは
ビジネスローンの
事業資金融資事例集

サイトマップ