耳より情報!
当座預金口座開設のススメ

事業資金の調達に役立つ!ノンバンクのビジネスローン白書 » 全容解説!ビジネスローンとは » 個人事業主でも使えるか

個人事業主でも使えるか

このページでは、借入をする時、ビジネスローンは個人事業主にとってどのようなメリットがあるかを紹介します。

利用可能?個人事業主にとってのビジネスローン

ビジネスローンを利用する個人事業主のイメージ

ビジネスローンは事業用途の金融商品であり、中には法人格を持たない個人事業主に融資してくれるものもあります。その場合、決算書の代わりに提出するのは2期分の確定申告書になります。あくまで一般論にはなりますが、個人事業主だと中小企業よりも審査に通りにくいとか金利が高めになるといった傾向もあるようです。ただし、審査自体は法人同様、金融業者それぞれが採用しているスコアリングシステムによって機械的になされるので、一定以上のキャリアや安定した収益性があれば十分融資を受けられる可能性はあります。

なお、銀行系よりもノンバンク系の方が借りやすいのも中小企業と同様です。

個人事業主ならカード式のビジネスローンも使いやすい

カードローンの中にも個人事業主に対応しているものがあります。ビジネスローンに比べて融資額が低く設定されていたり、金利が高い場合もありますが、一度作っておけばATMで手軽に借入返済ができるので、融資枠の範囲でいつでも利用できるのは魅力です。

また、個人事業主が利用できるカードローンの場合、用途が事業資金だけでなく生計費でもOKのものがあります。これは、個人事業主だと業務と生活との切り分けが難しい出費もあるから。普通の個人用カードローン事業用途を認めていないので、個人事業主ならいざという時のために一枚はビジネス系のローンカードを持っておきたいものです。

なお、何に使ったかバレないだろうと、個人用カードローンを事業資金に使ったとします。可能性は低いとはいえ、ローン会社にわかってしまった時は即時全額返済を要求されるので注意してください。今の時代、クレジットカードのキャッシングやカードローンなど、個人が手軽に借入できるサービスは多々ありますが、個人事業主なら事業資金を調達できる手段についても日頃から確保しておくのが賢明といえます。

自営業・個人事業主がビジネスローンを利用するメリット

ビジネスローンは総量規制の対象外

個人向けのローンでは、総量規制が適用されるため、年収の3分の1までの融資しか受けられません。その点ビジネスローンは、総量規制の対象外になっているので、年収の3分の1を超える額の借り入れも可能です。

個人で借り入れたローンの返済が残っている場合でも、ビジネスローンの融資額には、何ら影響を与えないこともメリットでしょう。

ビジネスローンの審査は比較的甘い

銀行系ローンはもちろん、ビジネスローンにおいても審査は避けて通れません。ただ、銀行が提供しているローンに比べ、信販会社や消費者金融のビジネスローンは審査基準が優しくなっており、審査に通りやすいといえます。ビジネスローンを提供する側は金利を高くして少額の融資に限定することで、利息収入を確保。これにより貸し倒れで融資を回収できないリスクを軽減させています。リスクヘッジが取れているため、優しい審査基準を設定できるのです。

当然ながら、いくら審査が甘いとはいえ、返済能力がないと判断された場合は審査に通らない可能性も十分に考えられます。

担保・保証人不要で融資が受けられる

銀行から低金利で高額の融資を受ける場合には、連帯保証人を設定したり、不動産を担保に入れたりなど、個人事業主の場合はさらに条件をクリアすることが難しくなります。一方ビジネスローンは、保証人や担保をつけることなく申し込みが可能です。

決算書よりも継続性が重要視される

銀行系の融資の場合は、返済能力がないとみられるため、赤字決算を出している自営業者や企業には、融資を実行することはありません。その点、ビジネスローンでは、赤字決算の場合であっても融資を受けられる可能性があります。

これはビジネスローンの審査では、実績よりも事業を継続できる可能性が重視されるためです。

最短即日融資を可能にする「スコアリングシステム」

ビジネスローンを提供している大手企業では、「スコアリングシステム」を導入しています。この「スコアリングシステム」を利用して行われる審査では、最短で即日に融資を受けられます。システムに決算書などの情報を入力することで、自動的に融資の可否を判定。人によるチェックを必要としないため、スピーディーな審査が可能となのです。

銀行の融資とは違い、融資を受けるまでの待機時間が少なくて済むため、無駄な労力を生じることもありません。

中には、このシステムを利用した最短60分のスピード審査を打ち出しているローン会社もあります。

自営業・個人事業主がビジネスローンを利用する際の注意点

個人事業主や自営業者がビジネスローンの審査を申し込む際には、最低1年以上の事業歴が必要です。

またビジネスローンは、長期的なスパンでの資金繰りとして利用するには金利が高すぎるので、おすすめできません。ビジネスローンはあくまでも数ヶ月単位の、一時的な繋ぎ資金として利用するようにしましょう。

耳より情報!当座預金口座開設のススメ

管理人

管理人プロフィール
profile

40代で運送会社を設立してから、はや10年。何とかやっていますが、資金調達には苦労ばかり。
同じ境遇の方に少しでも役立っていただければと思いサイトを立ち上げました。

種類別おすすめノンバンク系ビジネスローン比較
ビジネスローンで評判!頼れるノンバンクリスト
全容解説!ビジネスローンとは
ビジネスローンの事業資金融資事例集
事業の資金繰りに関する基礎知識

サイトマップ